• 完全予約制
  • 日曜営業・平日19時まで受付

名鉄瀬戸線「印場駅」又は「旭前駅」から徒歩10分

ブログ

外傷(幼少時)について

外傷
更新日:2019.07.29

こんにちは♪

尾張旭市の整体【はなのき整体院】の石田です。

 

今回は『幼少時のけが(外傷)』について。

「幼少時に大きなケガ、転倒はした経験はありますか?」

 

尾張旭市の整体【はなのき整体院】では必ず初診の患者さんには

問診でお聞きする質問です。

 

幼少時のけが?50歳くらいにもなると

「えー・・・そんなのおぼえていません。」とお答えになる方もいます。

 

確かによほど大きなケガならまだしも幼少の頃は誰しも

転倒軽度なケガはたくさん経験あるので記憶に残っていないことが多いです。

 

でも敢えて、この質問をさせて頂く、理由はちゃんとあるのです。

 

慢性的な症状痛みの原因がはっきと病院の検査でわかるときもあります。

しかし、病院の検査でわからない原因不明の症状、痛みの原因を見つけるのが

私の仕事になります。

 

ひとつ言えることは、たとえ50才になって出始めた

症状、痛みの原因が

幼少時の外傷転倒の衝撃であることもあるということです。

 

日本の医療機関では問診の項目には決して入ってないとこも

お聞きすることで原因がわかることもあるということです。

 

子供の姿勢の悪さ、側湾

頭痛

虚弱体質

自律神経の乱れ

 

等の原因が幼少時に転倒、外傷などの衝撃に作られたもので

あることも多いとカイロプラクティックの研究の歴史からもわかっているのです。

幼少時のけがでも10年後、20年後に身体に影響をおよぼすことも

あるということを皆さんの記憶の片隅にも残して頂ければと思います。

 

子供の姿勢改善なら

尾張旭市の整体【はなのき整体院】にご相談ください♪

この記事を書いたひと:院長 石田 大

健康ブログカテゴリー

張旭市の整体院はなのき整体院のTOPページに戻る